STEP03

講義#01

所要時間3分

仏教の世界観を知ろう①

仏教の時間論(三世・三時)


いよいよSTEP03です!

ここでは仏教の世界観について説明していきます!

講義で学べるポイント!

  • 仏教の世界観について
  • 時間軸
  • 空間軸

仏教の時間論(三世・三時)

【三世】

私たちが生きている「今」を現在といいます。

現在とは、過去の積み重ねによって成り立っています。そして、現在が積み重なったことで成り立つのが、未来です。

このことから、過去・現在・未来と連綿とつながっていることが明らかでありましょう。

仏教においては、このような時間的区分を「三世(さんぜ)」といい、お釈迦さまの教えは三世にわたるものと考えています。

 

  • 過去(過ぎ去ったとの意)
  • 現在(今に生まれ起こったとの意)
  • 未来(いまだに来ないとの意)

 

この3つを略して「過現未(かげんみ)」といい、あるいは、前世・現世・来世(こちらの方が)ともいうことがあります。

前世のおこないによって今世が決められ、今世のおこないによって来世が決められるのです。絶えることなくつづく時間の考え方をご紹介しました。

 

【三時】

仏教にはもう一つの時間的な考え方が存在します。それは、お釈迦さまが入滅(亡くなること)された後の時間的区分であり、「三時(さんじ)」説といいます。

 

正法(しょうぼう)時代

釈尊滅後最初の1000年間

像法(ぞうぼう)時代

釈尊滅後1000から2000年間

末法(まっぽう)時代

釈尊滅後2000年以降

 

日本仏教においては、『周書異記(しゅうしょいき)』にもとづいて、末法に入った年を考えますと、永承7年(1052)であります。

これは、日本仏教各宗派の教えを学ぶに当たって、重要なポイントとなりましょう。

 

天台宗の最澄や真言宗の空海が活躍した頃の日本は、まだ「像法」時代でありました。これらを平安仏教といいます。

 

これに対して、浄土宗の法然、浄土真宗の親鸞、融通念仏宗の一遍、曹洞宗の道元、臨済宗の栄西、法華宗の日蓮などが活躍した時代は、「末法」であります。これらを鎌倉仏教といいます。

 

仏教各宗の教えを学ぶとき、像法時代と末法時代に成立した宗派では、大きな相違が見られるのです。その背景には、仏教が持つ「三時説」が大きく影響していましょう。

 

これについては、日本仏教の講座にて、詳しく説明させていただきます。

次は2つめの講義「私たちの生きる世界」です