用語解説

#03

所要時間5分

四諦八正道:真実と正しき8つのこと…仏教用語わかりやすく説明シリーズ


「四諦」「八正道」を解説いたします。

講義で学べるポイント!

  • 四諦とは?
  • 八正道とは?

人生における真実と正しき8つのこと「四諦八正道」

仏教では、「真実」を求めます。

「真実の答えはひとつ」が名ゼリフの探偵アニメもありますが、〝あるがまま〟や〝本来のすがた〟を意味します。

また、「真理」との別称もあります。「真理」と聞くと、平成期に大事件を起こした宗教団体を連想しますが、本来の意味としては、〝まことの道理〟との意味でもあり、漢訳仏典では「諦(たい)」と訳されることが多くあります。

つまり、諦とは真理や真実のことです。

仏教においては、特に重要視される4つの諦を「四諦(したい)」といい、そのためのおこないとして8つの正しきこと「八正道(はっしょうどう)」が求められるのです。

四諦

四聖諦(ししょうたい)とも呼ばれますが、人生におけるもっとも根本的な真理や真実を4種類に分けたものです。

①苦諦(くたい)

現実の人生は、自己を含めて思い通りには進まず「苦」である真実

②集諦(じったい)

その「苦」はすべて、自己の煩悩(ぼんのう)や妄執などの欲望から生ずる真実

③滅諦(めったい)

それらの欲望を断ち消滅することで、それから解脱(げだつ)し、涅槃(ねはん)の安らぎに達して、悟りが開かれる真実

④道諦(どうたい)

この悟りに到達するための実践を示す真実で、八正道(はっしょうどう)に依るという真実

この苦集滅道(くじゅうめつどう)の四諦は、仏教経典において、かなり古くから説かれています。また、インド仏教においても重要視され、仏教における代表的な教えです。では、悟りに至るための正しき8種類の行いについて、見ていきましょう。

八正道

仏教に一貫している実践です。「八聖道(はっしょうどう)」と表記することもありますが、先に挙げました四諦の4番目「道諦」と、八正道は大きく関わっています。8種の道を守り、実践することによって、悟りが得られ、涅槃に到達されると説かれます。

  1. ①正見(しょうけん)    正しい見解。
  2. ②正思(しょうし)     正しい思惟。
  3. ③正語(しょうご)     正しい言葉。
  4. ④正業(しょうごう)    正しい行い。
  5. ⑤正命(しょうみょう)   正しい生活。
  6. ⑥正精進(しょうしょうじん)正しい努力。
  7. ⑦正念(しょうねん)    正しい心持ち。
  8. ⑧正定(しょうじょう)   正しい精神統一。

四諦八正道まとめ

仏教の究極的・最終的な目標は、悟りに至ることです。

そのためには、お釈迦さまの説かれた教えを守り、実践することが必要であります。

「四諦」と「八正道」は、出家と在家の区別なく、お釈迦さまの弟子(仏弟子)として生きる者の実践を指南されているのです。

四衆(比丘〈男性出家者〉・比丘尼〈女性出家者〉・優婆塞〈男性在家者〉・優婆夷〈女性在家者〉)がともに、真実を求め、その過程に示された苦をも受け止めて、正しき実践に努めていきたいと考えます。