用語解説

#03

所要時間3分

位牌とは?故人の霊が宿る象徴…仏教用語わかりやすく説明シリーズ


今回の講義では位牌についてわかりやすく解説いたします。

講義で学べるポイント!

  • 位牌の種類を知ろう
  • 位牌の使用用途を知ろう
  • 位牌を供養することの意味は?

位牌とは?

位牌は霊牌(れいはい)ということもあります。

亡くなった人の法名や戒名を記し、故人の霊が宿るものとして尊崇礼拝される木製または金属製の板のことをいいます。

長方形で蓮台などが下部についているものが一般的な位牌です。

位牌の表面には戒名と没年月日、裏面には俗名・年齢・続柄を記しています。

そして、戒名の上部には「円寂」「帰真」「帰元」などの字、もしくは梵字を記して故人の成仏を願います。

皆さんも自分のお仏壇にあるのではないでしょうか?

一度手にとってじっくり見てみてはいかがでしょうか?

位牌の種類

主に4種類に分けることができます。

  1. 葬儀の時に使用される白木の内位牌
  2. 葬儀後に納骨が終わって墓石に文字が刻まれるまで、その代わりとしてお墓に置いておかれる野位牌
  3. 四十九日の忌明け後に仏壇に祀られる本位牌
  4. 寺院内や寺院位牌堂で用いられる寺院位牌

 

位牌の使用方法は?

白木で出来た内位牌は葬式の時に使用します。

祭壇中央に安置し、その後はお仏壇の本尊の両脇、または下方のひな壇に置きます。

四十九日の中陰(中有弱)あけまで白木の位牌を使用します。

四十九日の間に本位牌を用意し、四十九日の法要から、故人の魂は仮の内位牌から黒の漆うるや金箔の塗りの本位牌へと移ります。

野位牌は中陰があけると墓所に埋めたり焼却したりしますが、近年は火葬のあと中陰あけまで遺骨を屋内に留める風習が一般化しているため省略されることが多いみたいです。

また、家に安置される本位牌とは別にお寺に安置されている位牌は、寺院位牌と呼ばれます。

位牌の種類は4つほど紹介しましたが、一つ名称で気になるところがあります。

それが本位牌の「本」という表記です。

亡くなってすぐに、黒の漆うるや金箔の塗りの本位牌を作成するのが難しいことから、白木の位牌で僧侶が直接筆で戒名を書く内位牌を作りますが、内位牌は決して仮の位牌ではありません。

内位牌も野位牌も、本位牌も全てに故人の魂が宿っています。

そのため、名称からくるイメージで誤解しないように注意して下さい。

位牌の起源は?

お位牌の起源は、儒教が盛んであった中国で祖先祭の時に用いた官位や氏名を記す位版・木主・神主・虞主などに基づくという説と神道で用いた霊代が原形であるという説がありますが、

一般には両者の習合したものと考えられています。

禅僧が日本にもたらし江戸時代に庶民に普及したと言われています。

生前に戒名を授かった人は逆修牌と称する位牌を作り、葬式のとき作るものは順修牌と呼ばれます。

宗派によっての違いは?

浄土真宗はもともと位牌を使わず、法名を、過去帳や、法名軸という掛け軸に記すのが一般的でしたが、最近では他の宗派と同じように、塗りの位牌に、院号や位号をつけた法名を記し、ご供養する場合がほとんどです。

そのため、宗派によって戒名の付け方には違いはありますが、基本的な位牌の利用に関しては大きな違いはありません。

供養の対象としての位牌

位牌には故人の霊が宿っており、故人の象徴です。

お仏壇に位牌を安置し、故人の魂に対して感謝の念と共に供養してはじめて位牌の意味が出てきます。

ただの木製または金属製の板ではなくそこには故人の霊が宿っているのです。

先祖があって自分が存在します。故人との縁があって自分が存在しています。

その縁に感謝の気持ちをもって供養して欲しいと思います。