用語解説

#10

所要時間2分

【十界】とは?命ある者の10の世界 | 仏教用語わかりやすく説明シリーズ


十界は生きとし生けるものが住む10の世界のことをさします。

この講義では十界について1つづつ説明していきます。

講義で学べるポイント!

  • 十界とは?
  • 悟りと迷い

命ある者の10の世界「十界」

仏教においては、生きとし生ける者を、10の世界にわけて考えて、それを「十界(じっかい)」といいます。

すべての命ある者(一切衆生)は、これから学ぶ10の世界のいずれかに属していますが、この10の世界には、「悟り」と「迷い」の双方が存在しているのです。

それでは、10の世界を訪ねてみましょう。

  1. 仏界(ぶっかい)
  2. 菩薩界(ぼさつかい)
  3. 縁覚界(えんがくかい)
  4. 声聞界(しょうもんかい)
  5. 天上界(てんじょうかい)
  6. 人間界(にんげんかい)
  7. 修羅界(しゅらかい)
  8. 畜生界(ちくしょうかい)
  9. 餓鬼界(がきかい)
  10. 地獄界(じごくかい)

十界の分類

  • 三悪道(さんなくどう) 地獄・餓鬼・畜生の三界のこと
  • 四悪趣(しあくしゅ)  地獄・餓鬼・畜生・修羅の四界のこと
  • 三善道(さんぜんどう) 修羅・人間・天上の三界のこと
  • 六道(ろくどう)    迷いの世界であり、三悪道と三善道をあわせた六界のこと
  • 四聖(ししょう)    声聞・縁覚・菩薩・仏の四界のこと

 

命ある者の10の世界「十界」のまとめ

まとめはじめにも述べましたように、十界には悟りと迷いの双方があるのです。仏・菩薩・縁覚・声聞の四界は悟りであり、それ以下の六界が迷いの世界であります。

私たちは、有り難くも、今世においては「人間界」に生を享けたのです。仏教では、今世の仏道修行や功徳によって、来世が決まると考えられています。

是非とも、大いなる仏道修行に励み、功徳を積み重ねていきたいものです。

なお、天台宗・日蓮宗・法華宗などでは、「一念三千(いちねんさんぜん)」という重要な教えがあります。

その三千に及ぶ世界を考えるための基本となるのは、この「十界」であり、十界と十界が互いに具すという「十界互具(じっかいごぐ)」という教えがあります。

仏界にも地獄の要素が具わっており、同時に、地獄界にも仏界の側面が具わっているというのです。そのような教えを考えるにおいても、「十界」を学ぶことは、仏教の基本的なことともいえましょう。(康)